赤ちゃん肌は保湿から【美白毛穴レス効果のスキンケア】

手入れ

化粧水の特徴

利用方法

化粧水

化粧水の初めて使う方は10代ぐらいからお手入れをしていくといいでしょう。ニキビなど出始めて、そして落ち着いてきたぐらいから行うといいかもしれません。またお化粧をする頃ぐらいから基礎化粧品をケアをしていくといいでしょう。20代になる頃ぐらいは分泌もよく肌の潤いは問題はないと思います。しかし20代をさかえに、どんどん、肌の潤いやハリなども低下していきます。なので、若さの象徴である肌の状態をよりいい状態をキープしましょう。洗顔後は必ず化粧水をすぐに付けましょう。洗顔後やお風呂上りは水分が蒸発しやすいので、早めのお手入れが必要です。化粧水の後に保湿成分が配合されている乳液をつけましょう。そうする事で、肌に浸透したものを蒸発せずにキープできます。

大切さを知る

もし化粧水は保湿を行わないと、肌の状態がシミやシワができやすくなります。シミやシワがあると実年齢よりも老けてみられます。また若いうちはなんともなかった乾燥が気になりはじめます。そして春先から夏場にかけての紫外線対策にもなります。オゾン層が破壊され紫外線も以前よりも多く浴びるようになりました。そのままにしておくと、メラニンが沈着され、シミやシワにつながります。適度に日光に浴びることも大事ですが、過剰に紫外線を浴びてしまうと、肌に負担がきますので、その時は化粧水の後に美容液などを付けてそして保湿をする事で、肌を元に戻してくれます。冬も乾燥気味になります。なので、しっかりと保湿をして潤いを保つ事で肌の乾燥を防ぐ事ができます。